港北区日吉駅近くの澤口税務会計事務所
*

プロフィール

澤口 洋輔(さわぐち ようすけ)

税理士・澤口税務会計事務所代表

幼少期から青少年期までを菊名や大倉山周辺の横浜市港北区で過ごし、初めての事務所は高田で開設。現在は日吉を拠点に港北区内外で活動している元野球少年・澤口洋輔の生い立ちとこれまでをご紹介いたします。

 

1980(昭和55)年横浜市神奈川区松見町生まれ、港北区育ち

菊名駅に近い神奈川区松見町で生まれ、妙蓮寺駅に近い港北小学校(菊名2丁目)を卒業しました。その後、大倉山へ引っ越しています。小学4年生からは港北区の老舗少年野球チーム「富士塚レディアンツ」で野球に熱中する日々を過ごしました

東海大相模中等部(相模原市)へ入学

甲子園に憧れて大倉山の家から東海大相模の中等部へ通い、中学生になってもひたすら白球を追う毎日でした

東海大相模高等部(相模原市)へ進学

いよいよ「東海大相模」の一員として、甲子園へ向かって3年間一直線!となるはずが、練習をしすぎて肘を痛めてしまい、野球の道から陸上部へ。長距離走にトライし、今につながる精神力が鍛えられました

中央大学法学部へ入学

最初は弁護士を志しましたが、その後に転換。当時学んだ法律の知識や弁護士・法曹関連の友達とのつながりは今の業務に生きています

税理士法人公盛会計事務所(現「税理士法人けやき」)入所

東京都清瀬市にある会計事務所へ就職、税理士になるための基礎を学ばせていただいた私の原点です

株式会社鹿谷総合研究所(文京区本郷)に入社

不動産オーナー様らを対象とした税務相談・コンサルティングに特化した事務所に転じ、現場で不動産オーナー様の悩みや現状を直接うかがうことで、実践的な税務対策を学んできました

2015年6月に税理士登録を完了、港北区高田で「澤口税務会計事務所」を開業

独立の準備も整い、ついに幼少期から親しみのある港北区へ戻り、市営地下鉄グリーンラインの高田駅周辺で事務所を立ち上げています

2016年、綱島街道沿いの日吉駅近くで新オフィス開設

慶應義塾大学日吉キャンパスに近いマンション内で、新たに事務所を構えました。青少年期を過ごした大倉山や菊名へもより行きやすくなりました

2017年4月、事務所近くに好適な物件が見つかり、相談スペースを拡大するため移転(現在に至る)

スタッフの佐藤(右)と新事務所で

同じ綱島街道沿いですが、少し矢上キャンパス寄りの仲の谷交差点近くに移転し、相談スペースや執務スペースを拡大しました。オフィスのリノベーションは港北区の若き建築家である池原靖史さんにお願いし、自然と緑あふれる横浜や日吉の街をイメージした木質空間となりました。ぜひ一度お立ち寄りください

代表税理士・澤口のごあいさつ

  • 代表税理士・澤口が業務に対する思いを書き綴っております[こちら

税務会計事務所のごあんない

  • 澤口税務会計事務所の概要などを掲載しております[こちら